痛みを緩和する

花

健康な人が痛風に関心を寄せるのは、痛風が激痛であること、予防的に行動することで発症を予防できることが理由である。痛風の前兆期には、コルヒチンという薬を使用することで激痛を回避できる。しかし激痛の原因の除去はできないため、日常的な尿酸値の安定が重要になってくる。

もっと見る

ストレスを軽減

男性

尿酸値を下げたい理由は、尿酸値を高く保った場合、痛風の痛みは減少せず痛風の発生する部位は増加するからである。痛風は薬物療法と食事療法を組み合わせることで、患者のストレスを減らすことができ、結果として尿酸値の減少に寄与している。

もっと見る

尿酸が原因となる病気

女性

痛風は、尿酸が関節に結晶として固まり関節炎を起こす病気です。プリン体が代謝され尿酸になり、これを白血球が攻撃することで痛みが起こります。この病気は生活習慣病の患者に多く、男性に多いことも特徴です。ほかの病気が原因の場合もあるので医師による検査が必要です。

もっと見る